厚生労働省からの通知により、平成30年度から全国の都道府県において『失語症者向意思疎通支援者養成事業』を実施することとなりました。
 岐阜県からの依頼があり、岐阜県言語聴覚士会でもこの事業を企画・実施することとなりました。以下の実施要項をご確認いただき、多数ご参加くださいますようお願いいたします。

 

 

 

研修資格:1.満18歳以上で、失語症に関心の高い方

     2.岐阜県内で失語症者の支援が可能な方

研修期間:原則9ヶ月とし、最長7月~3月の研修を実施

指導対応者:言語聴覚士、作業療法士、その他

基本事項:1.失語症者の日常生活や支援の在り方への理解

     2.1対1のコミュニケーション支援技法の習得

     3.日常生活上の意思疎通を支援するための最低限必要な知識及び技術の習得

研修事項:

日時 講義・実習 開催場所
★平成30年7月1日(日) 開講式、講義(6時間) 大垣徳洲会病院
★平成30年7月8日(日) 実習(8時間) サンビレッジ国際医療福祉専門学校
★平成30年8月5日(日) 講義(4時間) 大垣徳洲会病院
平成30年8月19日(日) 実習(4時間) 清流の里
★平成30年9月2日(日) 講義(2時間)、実習(2時間) 大垣徳洲会病院
平成30年9月7日(金) 実習(3時間) 揖斐厚生病院
平成30年9月14日(金) 実習(3時間) 揖斐厚生病院
平成30年10月5日(金) 実習(3時間) 揖斐厚生病院
平成30年10月19日(金) 実習(3時間) 揖斐厚生病院
10 平成30年11月2日(金) 実習(3時間) 揖斐厚生病院
11 平成30年11月18日(日) 実習(4時間) 清流の里
12 平成31年2月17日(日) 実習(4時間) 清流の里
  ★平成31年2月24日(日) 修了式 大垣徳洲会病院

 

研修場所:【講義】医療法人徳洲会 大垣徳洲会病院

【実習】 JA岐阜厚生連 揖斐厚生病院、JAいび川 デイサービスセンター清流の里

     サンビレッジ国際医療福祉専門学校

※託児は行っていませんが、同席希望の方は事前にお知らせいただき、ご相談の上検討させて

  いただきます。

研修時間:原則、午前または午後の4時間程度

研修修了要件:講義+実習=48時間の研修のうち、8割以上の受講が必要となります。

       ただし、★の研修日は参加必須となりますので、ご注意願います。

       また、上記の日程で実習の受講ができない場合は、平成30年11月16日(金)、12月7日(金)、

       12月21日(金)、平成31年1月18日(金)、2月1日(金)、2月15日(金)に振り替え可能です。

       なお養成された支援者は、「意思疎通支援事業」による派遣の対象となります。

費用:研修受講生は無料、研修場所までの交通費は自己負担となります。

災害補償:主催者側でボランティア活動保険への加入をさせていただきます。

申し込み期間:平成30年4月9日(月)~平成30年6月15日(金)

       ※申し込みはパンフレット裏面のFAX申込書または岐阜県言語聴覚士会ホームページの申し込み

        フォームに必要事項を入力の上、申し込みください。

問合せ:岐阜県言語聴覚士会 事務局(サンビレッジ国際医療福祉専門学校 言語聴覚学科内)

    TEL:0585-45-2220  FAX:0585-45-0188 

    Mail:college-s@shinsei-kai.or.jp

*本研修会の案内チラシ、申し込み用FAX用紙はこちらから→平成30年度失語症意思疎通支援者養成研修案内チラシ

*要項のダウンロードはこちらから→平成30年度失語症意思疎通支援者養成研修要項

 

 

所属先