実務者講習会のお知らせ(日本言語聴覚士協会)

○第3回実務者講習会「医療・介護連携おける言語聴覚療法講習会」

 2025年問題への対策として、医療・介護連携を強化し、効率的な入院医療サービスを実施することで、早期在宅復帰を支援することが求められています。その上で重要となるシームレスな連携を行うためには、医療で働く言語聴覚士も、介護で働く言語聴覚士も各病期の特徴と発症からの長期的経過を理解し、自分の担う役割を明確にすることでよりよい言語聴覚療法を提供できると考えます。

今回の講習会では、医療・介護の連携の意味や連携方法と共に、生活をみること・人をみること、長期経過を理解することの重要性について考え、学ぶことを目的としております。

日時:平成30年9月23日(日)10:00~16:00(受付開始9:30)

場所:江東区亀戸文化センター

参加費:会員10,000円 非会員20,000円

申し込み期間:受付中(~8月28日まで)

申込方法:日本言語聴覚士協会ホームページより受付

○第4回実務者講習会「地域包括ケアに関する講習会」

地域包括ケアシステムの構築に向けて、新たな介護予防・日常生活支援総合事業が全市区町村で始まり、言語聴覚士の介護予防事業や地域ケア会議への参画が進んでいます。都道府県士会を中心として人材育成、派遣調整など進められています。

今回の講習会では、「地域における実践力、展開力を得る」ことを目的に、制度の概要から介護予防の考え方と実践例、地域ケア会議に参加するにあたり必要な知識を講義に盛り込みながら、実践力向上に繋がるグループワークを行います。さらに参加者同士の交流を図り、情報交換等が出来る場も作りたいと考えております。

ぜひ、都道府県士会の地域包括ケア担当の方や地域ケア会議を担当されている方など実務につかれている方、今後参加を予定している方に受講いただきたいと思います。

日時:平成30年10月13日(土)15:00~18:45(受付開始14:50)

10月14日(日)10:00~16:30

場所:国際医療福祉大学東京赤坂キャンパス

参加費:会員15,000円 非会員25,000円

申し込み期間:8月22日(水)~9月18日(火)【予定】

申込方法:日本言語聴覚士協会ホームページより受付